スタッフブログ

カーテンのお手入れについて♪

こんにちは、本部の大塚です。

突然ですが皆様、カーテンのお手入れってどうされてますか?
洗濯機?手洗い?洗剤は何を使うの?乾かし方は??タイミングは???etc…

そもそもカーテンって洗えるの???(゚ロ゚ノ)ノ

そんな疑問に今日はお答えしたいと思います。

まずカーテンが洗えるかどうか。ここ、一番大切ですね。
洗濯ラベルをご確認ください。
それが全てです。(笑)

お洗濯表示に沿ってご自宅で洗えるのか、それともクリーニング屋さんに依頼するのか
確認をして下さい。

自宅で洗える場合は、洗濯機可なのか、手洗いなのか、ご確認ください。
ここも大切です。
そしてご自宅で洗える場合は、大きさの確認もお忘れなく。
カーテンって、洗うとめちゃくちゃ重くなるんですよ…
目安として、横幅150cm×丈200cm(片側)程度、が限界ですかね。
これ以上大きい場合はあきらめてクリーニング屋さんに持って行っちゃいましょう。
お金は掛かりますが、ご自分の為です…

さぁ、そんなチェック項目を潜り抜けたカーテンたちは、じゃぶじゃぶ洗っちゃいましょう!

因みに弊社のカーテンは、99%洗える生地です。ウォッシャブルです。
手洗い推奨なのでお風呂で洗っちゃいましょう。

まず浴槽にお水を溜めます。カーテンを入れてひたひたになるくらいです。
次に洗剤を入れます。普通の洗濯洗剤で問題ないです。柔軟剤は要りません。
キャップに1杯分を入れましたら、足踏みでじゃぶじゃぶ。踏み洗いして下さい。

これだけであらびっくり、水が真っ黒に!!
カーテンってあまり目立たないのですが、結構汚れているんです…
お部屋の埃やダニの死骸、屋外の排気ガス、季節によっては花粉や黄砂、etc.etc.
年一回~二回、是非洗ってあげましょう。

さて、水が真っ黒になりましたら濯ぎます。
おふろの栓を抜いて汚い水を全部捨ててしまいます。
もう一度お水をためて、じゃぶじゃぶ。何回か繰り返しますと段々きれいになってきます。

この際の注意点ですが、漬け置きは絶対NG!
化学繊維は再汚染しやすいので要注意です。
再汚染とは、要約致しますと汚れた水を吸ってさらに汚れてしまう、ということです。
詳しくはグー○ル先生に聞いてみましょう。笑”

濯いだ水が綺麗になってきましたら、次は脱水です。
まずは足でふみふみ。よーく絞ります。

こうして綺麗になったカーテンは、綺麗に乾かしてあげましょう。
カーテンレールにそのまま吊り下げ、プリーツをしっかり形成します。
手で優しくなぞって、シワやヨレを正しましょう。

また、干している間は床に新聞紙やタオルを敷いて、滴る水の吸水対策をお忘れなく。

以上で完了です。

文字で書き起こすと長ったらしいですが、工程はたったの4つ。
おさらいしましょう。

①洗う
②すすぎ
③プリーツ形成
④乾燥

簡単ですね。
これから年末、大掃除の時期です。
カーテンをお洗濯して心もリフレッシュして下さい。

まぁ…それでもお洗濯って大変ですよね…
そんな場合は、ようこそカーテンファクトリーへ。
ハッピープライス!1窓10
000円(税別、W2100*H2500)で新調出来ちゃいます!

綺麗な窓周りで、気持ちいい新年を迎えましょう。

本部:大塚

スタッフブログ 店舗

MENU

  • ミス・シャーロック
  • ドクターX
  • カンナさーん!
  • 黒革の手帖
  • モスキートガードカーテン
  • グランドショップのご案内
  • PREMIUM SHOP YOKOHAMA
  • ファインプリーツシリーズ
  • オプションもお気軽に

PAGE TOP