スタッフブログ

断熱対策に階段間仕切りのご提案♪

こんにちは!高津店です。あっという間に2019年となりました。亥年ですね。

お正月ですが私は実家に帰り、こたつでゆっくりダランダランに過ごしました。

 

 

みなさまもリフレッシュできましたでしょうか?

 

今年もたくさんのご利用お待ちいたしております。

 

 

 

さて、カーテン業界は年度末にかけて繁忙期でもあります。

新築戸建のお客様とお話しする機会も多くなるのですが、その中で特にご相談頂く事の多い

「階段の仕切り」についてお話しようと思います。

 

昔は「都会の3階建」のキャッチコピーで憧れだった3階建て戸建住宅も、

昨今ではよく見かけられるようになりました。

そんなカッコイイ3階建て住宅ですが、下記図のような「リビングイン」の階段であることが多いのです。

廊下がない分、限りあるスペースを有効的に利用した素晴らしい間取りですが、弱点がひとつ…

 

そうです、「断熱」です。

 

夏はクーラーの涼しい空気が下へ、冬はヒーターの暖かい空気が上へ、

階段の開口部を通して逃げて行ってしまうんですね~!特に、冬場に実感される方が多いです。

↑3階建ての2階部分がLDKの場合、階段の開口部は2つも!快適な空気が逃げたい放題です。

電気代がもったいないですね!

 

そこで!空気を逃がさないよう、階段の入り口部に仕切りを設けることを提案する機会が多いのですが、

遮蔽するための製品は大きく分けて下記の2つがあげられます。

 

①ロールスクリーン

 

②カーテン

 

どちらも【おすすめできる点】【要確認な点】があるので、

お客様の仕様状況や頻度にあった製品を付けることをお勧めいたします。

 

 

高津店内のディスプレイの開口部を使って、イメージも合わせてご説明いたします。

 

________________________________________

 

①ロールスクリーン

 

【おすすめできる点】

・生地がほぼまっすぐ下りるので、壁の一部のようにスッキリとした見た目となる

・巻き取りパイプが上部にあるので、生地を巻き上げた時にまとまりが良い

 

【要確認な点】

・弊社の場合、カーテンより選べる生地が少ない

・メカ物なので、故障の際は修理が必要

・通るためには身長以上に生地を巻き上げる必要がある

 

 

②カーテン

 

【おすすめできる点】

・ロールスクリーンよりも安価な場合が多い

・レールに引っ掛けるだけのため、洗濯等のメンテナンスが楽

・横開きのため、少し開けるだけで出入りが可能

 

 

【要確認な点】

・山、谷の「ひだ」が出るため、すっきり感はない

・横にまとめた際、開口部を覆ってしまう

 

 

「とにかく出入りのしやすさ重視!」→カーテン

 

ペットのわんちゃん・ねこちゃんと一緒に住んでらっしゃる方も、こちらがおすすめです。

「見た目のすっきりさ重視!」→ロールスクリーン

 

弊社では圧倒的にロールスクリーン施工の方の方が多いです。

 

________________________________________

 

!施工時の注意!

 

下記のようなケースの場合、カーテン・ロールスクリーンの取付ができない場合がございます。

 

■手すりがリビング側に大幅に出ている

少しだけ出ているようであれば、取付位置で生地を逃がすか、

巻き取り生地を逆に指定して干渉しないようにすることができます。

 

■取付部に下地が無い

下地とは、壁・天井内にある木の板です。見た目ではわからないので、

下地チェッカーなどで穴を空けて確認することがほとんどです。

下地のないところに製品を取付してしまうと、製品が落下する可能性があるので

絶対に下地を確認しましょう。

 

■取付部が、「階段むき出し」の状態になっている

取付部とは、だいたい「リビングイン」階段の開口部の壁か、奥行きのあるスペースをさしますが、

上にのぼる階段の裏側の段差がむき出しになっている場合がございます。

そういった段差があると、ロールスクリーンやカーテンレールを設置できるだけのスペースが

確保できない場合もあるため、注意が必要です。

 

 

代表的にこのような場合、取付ができないケースが過去何件かございました。

もちろん弊社の施工人が伺い現場を確認することは可能ですが、

事前に施工業者・不動産業者様に下地の有無・取付が可能かご相談頂く事をお勧めいたします。

 

 

しかし、何かとお金がいる新築・お引越し…階段の間仕切りは後回しにしちゃいますよね。

 

上記でご案内したカーテンレール・ロールスクリーンの設置は工賃がかかりますが、

市販のつっぱり棒にリングを通し、カーテンをかけるだけでも断熱面は変わります!

 

だいたい床から天井高さまで開口部がある場合、250cm程も高さがあるため、

既製のカーテンやのれんだと丈の長さが足りない事もしばしばございます。

毎日使う間仕切りだからこそ、カーテンだけでもオーダーでお作りするのはいかがでしょうか?

弊社は丈250cmまで一律の御料金にて制作可能です!

幅110cmまで・丈250cmまでのサイズで税込3,780円~にてオーダー可能です。

 

つっぱり棒は壁に穴をあける施工も不要ですので、お客様で簡単に取付頂けます。

是非ご検討ください。

 

 

各店舗にはメーカーさんのロールスクリーンのカタログもございます。

お気軽にお近くの店舗スタッフへご相談ください♪

 

 

 

カーテンの新柄も続々入荷しています。こちらのバナーから是非、ご覧ください!

 

 

ブラインド、ロールスクリーンなどメカものについてはこちらをご参考ください。

 

 

 

☆高津店☆

スタッフブログ 店舗

MENU

  • 初めて恋をした日に読む話
  • あの頃、君を追いかけた
  • ドクターX
  • カンナさーん!
  • モスキートガードカーテン
  • グランドショップのご案内
  • PREMIUM SHOP YOKOHAMA
  • ファインプリーツシリーズ
  • オプションもお気軽に

PAGE TOP