縁-en-

尾州産地とは尾張の国、現在の愛知県北西部に位置する木曽川を中心とした毛織物の一大産地です。

古くは奈良時代以降の麻織物から始まり、絹、綿、そして明治時代には洋服の流行によってスーツの素材となる毛織物の産地として有名になりました。

現在では服飾からインテリアまで幅広く取り扱い、インテリアではとりわけカーテン生地、その中でも複雑な模様も織りなせるジャカード織りの名産地となりました。

尾州の織物は木曽川の豊かな水の恩恵に預かり糸から織りまでの全工程を、それぞれの手によって繋ぎ創り出された織物です。 これも縁あってこそ、という思いから私たちはこのシリーズに「縁」と名づけさせていただきました。